●株式会社オキノテック
沿革  
昭和16年 3月 燕市に先代社長が創業、洋食器・きせる金型製造を始める。 
昭和38年 現社長が、ダイカスト金型,プラスチック金型の製作を始める。
昭和48年 燕市水道町に工場移転する。
昭和51年 有限会社沖坂金型製作所に改め金型の自動化を始める。
昭和62年 燕市物流センターに新工場完成移転・NC部門の設備増強を図る。
昭和63年 7月 資本金増資
平成元年12月 試作用成型機を導入して成形部工場を設立する。
平成 2年 3月 CAD・CAMを導入し、金型設計の合理化を図る。
平成 3年10月 株式会社オキノテックに社名変更

 

 

[ BACK | HOME | NEXT ]